埼玉県・久喜東中学校で空手道体験授業を実施

埼玉県・久喜東中学校で空手道体験授業を実施

令和3年2月9日(火曜日)、埼玉県・久喜市立久喜東中学にて空手道体験授業が行われました。

昨年度まで武道の授業では柔道を行っていたが、昨今のコロナの影響により空手道であればコロナ禍の状況下においても実施ができるのではと考え、今年度より1年生の男女で6時間の空手道授業を予定している。

空手道未経験の保健体育科教諭の小西先生から本連盟の学校訪問プロジェクトを通じて依頼があり、6時間授業の初回の授業として今回の体験授業が実現しました。

当日は荒川尊祐講師(国際武道大学特任准教授・空手道部監督)、講師補助兼演武者に田中政雄、岩崎拓也、荒川雅俊を迎え、1年生118名で行われました。

久喜市内では初の空手道授業実施校となりました。

■空手道体験授業内容

空手道競技について
  • 組手デモンストレーション(岩崎拓也)
  • 形演武披露(アーナン:男子個人形 荒川雅俊)
空手道体験
  • 礼法(立礼・座礼)
  • その場受け、その場突き
  • 段受け、下段受け
  • 移動基本

写真:久喜東中学校 空手道体験授業の模様1

写真:久喜東中学校 空手道体験授業の模様2

写真:久喜東中学校 空手道体験授業の模様3

写真:久喜東中学校 空手道体験授業の模様4

写真:久喜東中学校 空手道体験授業の模様5

写真:久喜東中学校 空手道体験授業の模様6