東京都・武蔵野大学中学校で空手道体験授業を実施

東京都・武蔵野大学中学校で空手道体験授業を実施

令和3年3月6日(土曜日)、東京都・武蔵野大学中学校にて空手道体験授業が行われました。

昨年度まで武道の授業では剣道を行っていたが、昨今のコロナの影響を考慮し、来年度以降の空手道授業の導入を検討するにあたり、学校訪問プロジェクトを通じて依頼があり、今回の体験授業が実現しました。

当日は水村春輝講師(国士舘大学空手道部コーチ)、講師補助兼演武者に株式会社リゾン空手道部の部員3名を迎え、2年生を対象に、1・2時間目と3・4時間目の2回に分けて行われました。

1・2時間目68名、3・4時間目68名の総勢136名での空手道体験授業となりました。

■空手道体験授業の内容

  • 空手道競技について
    ・空手道の特徴、オリンピック競技としての説明
    ・団体形演武披露
  • 空手道体験
    ・礼法(立礼・座礼)
    ・その場受け、その場突き
    ・上段受け、下段受け
    ・移動基本

写真:武蔵野大学中での空手道授業の模様1

写真:武蔵野大学中での空手道授業の模様2

写真:武蔵野大学中での空手道授業の模様3